出生したい人は

男女雇用機会均等法のよりビジネスの場で明らかな男女による違いっていうのはなくなっているとは思いますが、それでもまだまだ男女では差があるのも確かで、特に管理者となると男性に比べて女性は圧倒的にその数が少なくなっているようです。これはそもそも男性よりも女性のほうがどうしても能力を下に見られてしまうという傾向があるようですし、出世のチャンスがあっても女性のほうが自ら断ってしまうということもあるのだそうです。しかし、そういうことではなく女性だからこそ出世を望むほうが良いのだとか。そして、そのためには早いうちから能力を見せておくというのが大事になるのだそうです。ただ、これも人によって出世したい人、したくない人って様々ですから、あくまでしたい人は早めに動き出しておくっていうのが大事だっていうことになるのだと思います。もちろん早くから動いておくことで出世出来るというのは男性でもまた同じことだとは思いますけどね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す